HOME | 施設情報

もみじ園について

歴史ある紅葉と山荘を巡る

越路地域のもみじ園は、明治29年頃 神谷の大地主、高橋家の別荘の庭園としてつくられたものです。
約4,000平方メートルの敷地内には、樹齢150~200年のもみじや山桜、ツツジなど多くの植物が植えられています。最も多く植えられているイロハカエデは北から九州地方の太平洋側に野生するもみじの一種で、高橋家が事業の活動の場であった京都から優れた品種を移植したものと思われます。
平成元年に旧越路町が寄贈を受けました。紅葉の時期には夜間のライトアップも行なっており、幻想的なもみじの様子を見ることができます。

 

開園時間・休園日

庭園・巴ヶ丘山荘

開館期間:4月~11月末(冬季間閉鎖)
開館時間:9:00~17:00(まつり期間等は変更あり)  休館日:毎週水曜日(まつり期間等は変更あり)
     ただし、庭園は常時開園

img20201012224216802525.jpg 20200604_115739.jpg img20201012224746257958.jpg 20200630_091426.jpg 20200605_125659.jpg img20201012224745728995.jpg

和Cafe 越路もみじの茶屋

営業期間:4月~11月末(冬期間閉鎖)
     12月営業予定(令和2年11月27日現在)
営業時間:10:00~16:00(まつり期間等は変更あり)  定休日:毎週水曜日(まつり期間等は変更あり)
ホームページ:和Cafe 越路もみじの茶屋

20200522_112637.jpg 20200522_112652.jpg 20200605_143433.jpg 20200527_085528.jpg 20200527_085638.jpg 1590123619088.jpg 1590123614777.jpg 1590123617534.jpg 1590123620925_20201012233702241.jpg